眼科の検査を紹介していきます。第一弾 視力検査


 


 ブログに掲載する話で何かいいものはないものかと常々考えておりました。


 ある方から指摘を受け一番大事な話を書いてないじゃないか。



 と気付いた次第です。


 
 みなさんが病院に来られて僕の診察室に入ってこられる前に受けられる検査。



 僕たちには日常ですが初めての方は何の検査かわからず、うまくできないこともしばしば。



 前検査の説明をわかりやすく説明するのが今回の主旨です。



 
 その前に大好きな曲の紹介。



 最近、ギター1本の弾き語りのアンプラグド ライブを見せていただき



 極めると人間はこんなに力強く相手に伝えることができるんだ。と認識した次第



 本当に2メートルの距離でやられると体が震えて魂が揺さぶられる感じがします。



 ということで昔から大好きな Eva Cassidy - Somewhere Over The Rainbow



 邦題、虹のかなたに







 この曲はオズの魔法使いで使われた曲で、世界中で本当にたくさんのカバーが存在します。



 でもこれが一番好きですね。



 CDの録音状態が良すぎることもありますが本当にお勧めです。



 残念ながらEva Cassidy は近年、癌で若くして亡くなっています。



 それがさらに神格化しているのかもしれません。


 もしCDが見つかれば買って聴いてください。捨て曲なしの大名盤です。買って損なしです。



 話を戻して



 視力検査についてお話します。 



 
 僕たち眼科医にとって視力に始まり視力に終わるというぐらい大事な検査です。



 ただし患者さんの立場からするとめんどくさくて時間のかかる検査という



 印象を持たれている方々が少なくないと思います。



 ですが


 これは僕たちにとっては内科の先生が血圧、脈拍、呼吸数をまずはじめに診るのと



 同じほど大切なものなのです。このデータを見て大まかな目星をつけています。



 カルテにおいてもまず先頭に書かれる大事なデータなのです。



 ですから、めんどくさいですががんばって毎月1回受けてください。


 
 みなさん小さい頃から小学校で、もしくは免許更新時などなじみはあると思います。



 検査のしくみなど難しい話は飛ばしますが



 当院では部屋の照明や背景光など細部にわたってその人の持っている目の力を最大限に



 発揮できるように環境を整えています。



 それを踏まえて検査を受けるときに大事なこと。



 それはリラックスして神経質になりすぎないこと。



 ベテランのスタッフたちが検査しますので検査時に大体わかりますが




 5メートル離れた距離から上か下か、もしくは右か左かどちらが開いているのか



 迷われる方もいるとおもいますが 「なんとなく右」とか 「なんとなく上」ぐらいの



 おおよその見当で答えていただいて結構です。



 検査後に「最近見えにくくなってきました。最期のほうは勘で答えたら当たりました。」




 と言われる方もおおいですがそれでいいんです。




 勘では当たらないようにできていますし、そこを見抜くのが検査員の腕の見せ所なのです。




 もうひとつは検査員の誘導に身を任せること。




 視力検査は自覚検査と言って意思疎通がないかたには検査ができません。



 
 うまく検査員と会話のキャッチボールをしながら気楽に検査を受けてみてください。



 



 

 

by supersoul9201 | 2014-01-08 12:32 | 眼科医療関連

残暑お見舞い 目の愛護デー


 9月にはいり子供たちの学校もはじまりました。


 暑さも和らぎかなり過ごしやすくなってきたと思います。



 急な気温変化で風邪をひきやすい時期ですから



 寝るときのクーラーや室温に注意が必要です。



 



 古いですがこの季節の休日によく聞いてる曲です。



 告知があります。



 10月6日の日曜日は目の愛護デー



 眼科医会と神戸市主催で



 目の健康講座と目の健康相談を行います。



 
d0232846_12231696.jpg




 特に加齢性黄斑変性症は症例自体が増えていること。



 
 治療に関してもトピック的な要素が多いので聞きごたえのある講演になると思います。




 当日は神戸市の眼科医が無料で目に関する相談を受け付けるコーナーもあり



 楽しめる会になると思いますので



 みなさんお誘い合わせのうえご参加よろしくお願いします。




 場所は神戸市労働会館


 
 〒651-0096  神戸市中央区雲井通5-1-2



 TEL 078-232-1881



 交通アクセス 市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩3分

by supersoul9201 | 2013-09-02 12:33 | 眼科医療関連

飛蚊症と網膜剥離



 今日は飛蚊症について書いてみようと思います。


 少し長文になるかもしれませんが最期までお付き合いお願いします。



 話の前に今日の曲紹介



 僕の大好きなby all meansです。80年中期の音が好きです。



 



 毎日外来をしていると必ず飛蚊症を主訴に患者様が来院されます。



 飛蚊症とは一体何なのか???



 成書には「視線を横切ってあたかも蚊が飛ぶかのような症状」




 硝子体中の混濁により生じた陰影が網膜に投影することにより起こる内視現象とあります。



 またこれは暗いところでは自覚がなく白い壁などを背景にしたときに自覚することが多い



 とされています。



 飛蚊症には良い原因と悪い原因があります。



 大事なことは原因の見極めをすることです。



 良い原因の代表は加齢による目の中の環境の変化によるものです。



 悪い原因は大きくわけて3つ



 ① 目の中の炎症が起こった時



 ② 目の中の網膜に出血(眼底出血)が起こった時



 ③ 網膜剥離またはその原因となる網膜裂孔ができた場合


 


 今日はここ最近当院にて多い③の網膜裂孔と網膜剥離について実例を




 ===================================



 (掲載の写真については個人特定はできませんが掲載許可済です。)




 50歳代の男性で中等度の近視があり10日前から飛蚊症を自覚され来院



 散瞳し検査してみると



 右眼眼底上耳側に網膜裂孔を認めました。



 
d0232846_1245637.jpg




 これが網膜剥離の原因です。しかも上方にあるため剥離の進行が早いため早急な治療が必要です。



 当院にて網膜光凝固による治療を行いました。



 
d0232846_12404145.jpg




 裂孔の周囲は剥離が起こっていたためその部位を取り囲むように行いました。



 この段階でみつかれば体への侵襲の少ない光凝固治療が可能です。



 値段は3割負担で状況により一部負担金30000円から55000円となります。




 ====================================


 60歳代で1か月前から飛蚊症を自覚するも放置。



 見え方がおかしいとのことで来院されました。



 検査をすると



 
d0232846_12472613.jpg




 物を見るのに一番大事な黄斑部の近くまで剥離が進行しています。(斜線部分まで)



 この隔離の原因になる裂孔は上方にありました。



 
d0232846_12491173.jpg




 これは剥離が完全に進行した状態で手術による加療が必要となります。



 目の外から行う場合、目の中に直接入って行う手術がありますが



 どちらも術後にガスをいれて安静を保たなければならず体にかなりの負担がかかります。



 
 このかたは病院にて硝子体手術を施行していただき1か月で退院となりました。



 現在視力もしっかりでております。



 このように飛蚊症は怖い原因が存在します。 早期に発見できれば楽な治療ですみます。



 自覚されているかたは積極的に診察を受けてください。



 その際、注意していただきたいことは



 ① 散瞳検査をするので自動車でくるのは控えてください。運転して帰れません。



 ② 散瞳するのに時間」がかかりますので受付終了1時間前までに入ってください。




 長文お疲れさまでした。


 

by supersoul9201 | 2013-06-24 12:59 | 眼科医療関連

コンタクトレンズの汚れ(特に女性)

 最近、コンタクトレンズがすぐに汚れて曇る、見にくくなるといった主訴で来院される



 患者様(特に女性)が多くなっています。



 ソフトレンズの場合はおろしたところなのに2日目には曇ります。ハードレンズの場合は入れてもすぐに



 曇って見にくくなるといった感じです。




 診察してみても汚れの原因になるアレルギー性結膜炎やドライアイはないというケースに




 しばしば遭遇します。




 ハードコンタクトレンズが正常に入っている状態が




 
d0232846_17322687.jpg




 このような感じです。




 汚れを訴えられている患者様はこんな感じ




 
d0232846_17332393.jpg




 きらきら光っている汚れた感じがわかってもらえると思います。



 今日、コンタクト技術者と話をしていたときにこの話題がでました。


 
 女性の場合



 最近、目力メークがはやってますよね。


 

 それが原因のことがあります。



 マスカラ、リキッドアイライナー、ペンシルアイライナー、アイシャドー



 落とすためのクレンジング類など。


 
 これらはすべてミネラルオイル(鉱物油)でできています。



 また冬場に使用頻度がますハンドクリーム類などもそうです。



 汚れをつけないようにするには以下を守ってください。



 ① コンタクト取り扱う前の石鹸での手洗い。



 ② CL FIRST (初めにコンタクトと覚える)


   コンタクトレンズを入れてから化粧する。コンタクトレンズをはずしてからクレンジング



 以上を守ることで快適なコンタクト生活が送れると思います。




 最後に今日の1曲







 Natalie Cole &Peabo Bryson / What you wont do for love



 いろいろなひとがアレンジしてますがこれがかっこいいと思います。



 最後のパリパリパリ。。。。。パッのフレーズが癖になります。  (よっさんネタ) 



    

by supersoul9201 | 2013-01-22 18:07 | 眼科医療関連

友人の新築医院の見学

 今日は友人の新見先生が新築移転された新生「新見眼科」を見学してきました。


 彼とは高校からの友人で今では眼科の世界では知らない人がいないぐらいの有名人です。


 診療もさることながら彼の武器はIT関連。



 高校時代、かれこれ30年以上前になりますか。


 いまならwindows7やら8やらできあいのパソコンを量販店で買うことができますが


 その当時彼は大阪の日本橋でパソコンの部品を買ってきて自分で自作パソコンを組み立てていました。


 だから彼のあだなはマイコン。


 かなり古い人でもwindows98ぐらいからではないでしょうか?


 彼はコンピューター言語の打ち込みなどもやっていましたが当時の私にはちんぷんかんぷん。



 彼はその当時から将来はネットの世界になるんですよーと言ってました。



 まさかこんな世界に本当になるとはその当時は予想もしていませんでした。


 しかし今はどうでしょう。ネットのない世界やPCのない生活や仕事は考えられません。


 先見の明があるそんな最先端の彼が作った医院と彼のパワーを間近に見せてもらい


 感動しました。


 
 
d0232846_20193989.jpg


 外観です。内部も細かく見せてもらいましたが使っている材料1つにもこだわりが。


 



 
d0232846_2033444.jpg



 診察室です。 証券取引所と見間違うようなディスプレイの数々。


 模擬的に患者さん役をやらせてもらいモニターで説明を受けましたがこれはわかりやすいというのが感想


 今日勉強になったことは電子カルテの進歩。


 彼が慣れれば手書きより格段に早いと以前より言っていましたが納得できない自分がいました。


 しかし触らせてもらうと納得。


 カルテに書き込む絵などもタッチペンで書かせてもらうと自分がいつも書くものより綺麗だったり。


 検査データを紙で出力してカルテに貼るとどんどんカルテが分厚くなるんですが


 検査をしたと同時にデータが電子カルテに瞬時に貼り付けられる。


 検査スタッフの労力も減る。カルテが見やすくて綺麗。みんなと情報が共有できる。


 この電子カルテは設計開発段階から彼が関わってできたもの。


 これがあれば日々の診療が楽しくなると思います。  うらやましい。


 僕の診療所は海に近いところ。将来、万が一地震や津波が襲ってきたとき紙のカルテは持って


 逃げられない。でもこれがあればハードディスク1つ持って逃げられる。それがだめでもクラウド上に


 データは残る。いいシステムです。


 (僕の所もカルテは駄目ですが画像データは電子化してるので残ります。ご心配なく)

 将来はこの形が主流になるんでしょうね。


 


 
d0232846_2151319.jpg


 
 検査室です。整然と並んでいます。美しい


 しかし院内には何台のディスプレイがあるんだろう?たぶん100台以上。


 データを飛ばす有線LANや機器の配線も見事に消し去られています。


 あと音楽好きな僕がびっくりしたのが院内天井に設置したスピーカーがすべてバング&オルフェン。


 頭がクラクラしました。


 いっぱい写真を撮らせてもらいましたがあまりたくさんは載せられないので


 最後に手術室


 
 



 
d0232846_20464076.jpg



 広い空間を贅沢に使った最高の仕事場ですね。ここで手術が受けられれば幸せです。


 大病院にも負けない、個人病院として最高レベルのものでしょう。


 明日からの診療のヒントになることもいくつか発見したり教えてもらったり。


 本当に刺激的な1日でした。


 僕も将来的に電子カルテに移行するぞ。と誓いました。


 新見先生ありがとうございました。貴院の御発展を祈っております。


 (写真掲載の許可は本人から承諾していただいております。)
 


 

by supersoul9201 | 2012-11-04 21:10 | 眼科医療関連

加齢性黄斑変性症について



最近、よくテレビでノバルティス(製薬会社)の宣伝を見かけます。


 

 加齢性黄斑変性症に対する治療薬(抗VEGF薬)を販売している会社です。


 http://www.kareiouhan.com/


 加齢性黄斑変性症(ARMD)は僕たち眼科医にとってつらい疾患です。



 欧米での高齢者失明第1位の疾患であり学術発表も多いこの疾患。



 この20年ほど日本でも爆発的に増加している疾患です。



 この病気はいろいろなタイプがありますが


 物を見るときに一番大事な目の奥にある網膜という場所のもっとも光を感じる部分を黄斑部といいます。



 この真下に悪い血管ができそれが破れて色々な症状が発現されます。


d0232846_18204821.jpg



ARMDは最近まで検査方法も治療方法も確立されていませんでした。



 しかし近年、光干渉断層計(OCT)などの開発により病変の状態や治療過程での評価が



 できるようになったこと。



 治療薬として悪い血管を作る誘導因子(VEGF)を叩く抗VEGF薬ができたことにより



 完治はしませんが病状を遅らせたり現在の状態を維持することが可能となってきました。



 ここでも大事なことは



 早期発見、早期治療です。



 早く治療にとりかかれれば病状が進まない間に完治させれる可能性もあります。



 症状としては上記URLのページにコピーペーストして確認してみてください。



 一番大事なことは眼底検査を受けて前駆病変がないか確認することです。



 それにARMDのリスクファクターになりえるものがあれば



 さらに次の検査を行い診断することが可能です。



 40歳を過ぎた方は1度、検査を受けてみてください。



 

by supersoul9201 | 2012-09-26 18:37 | 眼科医療関連

冬に多い病気の防ぎ方と心構え


 最近、朝夕の温度差が激しくなってきました。

 つい最近まで暑くて大変だったのが嘘のようです。


 寒くなってくると結膜炎などの感染性疾患は少なくなり網膜疾患が増える傾向にあります。


 
 みなさん眼底出血って聞いたことがありますか?

 目の奥にある網膜という大事な部分に出血が起こる病気です。


 さまざまな種類の出血がありますが寒い時期、僕の経験上多いとおもう疾患を紹介します。



 あわせてどんな人に起こりやすいのか。予防法なども僕の経験からお話しします。



 この写真を見てください。(ご本人にブログ掲載の許可いただいております。)
 
d0232846_1746712.jpg


 網膜静脈分枝閉塞症といいます。舌を噛みそうな病名です。


 写真真ん中のやや黒くなっているところが黄班部といって物を見る時一番大事な部分です。

 写真左上赤くなっているところが破れた血管から出血が起こった場所です。

 見てみると黄班部に出血がかかっています。これにより視力障害や視野障害が起こります。

 一度起こると外科的処置をしない限り出血が引くまで経過を見なければいけません。




 この出血が起こる危険因子は


 ① コレステロールが高い人に多い動脈硬化

 ② 高血圧

 ③ 糖尿病


 となります。

 この写真の患者様は視力の低下を訴えられ来院。当院から内科を紹介させていただき

 高血圧、心臓の冠動脈(心臓を栄養する血管)が悪くなっていることがわかりました。

 放置すれば心筋梗塞で大変なことになっていたところです。

 

 上記の危険因子は成人3大病と言われています。

 問題なのは放置していても痛くも痒くもないのでみなさん軽視されがちということです。


 この患者さんの6か月後の写真です


 
d0232846_2084717.jpg


 出血は吸収されていますが血液の中の血漿が沈着し白い白斑になっています。

 これが黄班部の浮腫といって腫れている状態です。

 幸い視力の低下は小さいですが物が歪んで見える症状が残っています。


 これからレーザ治療をしていく予定です。


 これらを予防する方法ですが、日常の何気ない行動で回避できる可能性があります。


 予防策として

 ① 温度の急激な変化に気をつける。(上記リスクのある方はサウナなどは危険です)


 ② 朝、起きたてのトイレなど寒いところにいくときは注意。

 
 ③ お風呂に入るときはお湯で先に部屋を暖めておく。


 ④ 食事は動物性脂肪を少なくする。


 ⑤ マヨネーズや卵類は避けたほうがよい(1日摂取量を少なくする)


 ⑥ 適度な運動を心がける。(内科主治医に相談してください)

 


 などが挙げられます。


 一番大事なのはある程度の年齢になったら内科の主治医を持つことです。

 
 それにより定期的な血液検査で身体の状態がわかります。


 冬になるにしたがい食べ物もおいしくなってくるし運動もしなくなるという悪循環が


 起こります。


 以上を守って病気になるのを防ぎましよう。

by supersoul9201 | 2011-10-19 20:35 | 眼科医療関連

学校検診後に来院されるご両親へ

今日はこの時期に多い学校検診後に来院される子供さんとお母さんへのメッセージです。

学校検診後に片眼ずつ視力測定を行いABCDの判定でもらってくる例の紙についてです。

一様にご両親は1年前はAAだったのに今回はBCです。何がいけないんでしょうと

肩を落とされます。僕が思うに近視は遺伝と生活環境に依存するように感じます。

遺伝は仕方ありませんが環境はかえられます。ただこどもさんにもそれぞれ友人関係や大人には

わからない取り巻く環境があるとおもいますのでテレビもゲームもすべて禁止というのは

やめたほうがいいと考えます。こどもさんたちはグループで遊ぶことが多いのでそのあたりを

お母さんたちで話し合い、時間を制限したり今日は外で遊ぶ日と決めるのも1つだと思います。

次に学校検診の紙についての説明ですがぼくのなかの基準はこう考えています。

======================================================

●A(1.0以上) 視力良好
●B(0.7-0.9) 一番後ろの席でも黒板の文字をほとんど読める
●C(0.3-0.6) 一番後ろの席だと黒板の字が読めないが、前方の席だと見える
●D(0.3未満) 一番前の席に座っても黒板の字が読めない。

======================================================

となっています。つまり極度に両眼のバランスが悪くなければ両眼視で

●AまたはB(0.7以上)であれば「メガネはいらない」
●C(0.7~0.3)であれば「席を前の方にしてもらう」か「授業中はメガネ装用」
●D(0.3未満)であれば「一番前でも黒板が見えないのでメガネが必要」

======================================================

ということになります。

特殊な場合を除き(遠視や眼位の問題が絡んでいる場合)両眼Bまでなら環境改善と経過観察。

両眼でC以下の場合、望遠機能訓練と夜間の点眼にて治療を行う(効果反応にありなしがある)

という考えになります。治療内容についてはまたの機会に説明します。

眼鏡に関してはご両親からすれば抵抗感があると思いますが必要な時は割り切っていただく

必要があります。ただ僕の考えですが4年生までは転倒事故などの危険が伴う気がします。

なので眼鏡は5年生まではできれば作成せず、生活ができれば良いと考えています。

by supersoul9201 | 2011-05-01 01:20 | 眼科医療関連

理事会

昨日は診療後、兵庫区の理事会に出席しました。

月に2回開催され区内の市民のためどのような医療サービスを

行っていけるか白熱した議論が毎回繰り返されています。

私は医師会の活動を市民に伝えるための広報活動が主な仕事です。

d0232846_1445811.jpg

by supersoul9201 | 2011-04-24 01:45 | 眼科医療関連