ipsを使った新しい治験開始


 先日、ノーベル賞を受賞したIPS細胞がついに臨床試験に。


 しかも治験の1番バッターは僕の領域の眼科疾患。



 加齢性黄斑変性症(ARMD)です。


 前回にも書きましたがARMDは最近増えている疾患で僕たちも患者さんにも苦痛な病気です。


 現在のところ疾患の進行を遅らせるか現状維持が精いっぱいの疾患。


 もしこれがうまくいけばたくさんの人たちの笑顔が見られると思います。


 また治験会議は神戸で行われるとの事。


 何か感じますね。



 以下ニュースからの抜粋記事です。



 
d0232846_18471923.jpg



 <iPS細胞>目の臨床研究を承認 理研の倫理審査委

 毎日新聞 11月19日(月)19時41分配信
 

 理化学研究所(理研)の倫理審査委員会は19日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った目の


 病気治療の臨床研究について、計画は適正として承認した。21日には共同研究機関の


 先端医療センター病院(神戸市)の倫理委でも審議が予定され、承認されれば年内にも



 厚生労働省の委員会に計画が申請される。国が承認すれば、iPS細胞を使った世界初の



 臨床応用が実現する見通し。

 

 臨床研究は、理研発生・再生科学総合研究センター(同市)の高橋政代プロジェクトリーダーらが計画。


 高齢者に多い目の病気「加齢黄斑変性」のうち、網膜の裏側に余分な血管が生えて視力が落ちる


 「滲出型(しんしゅつがた)」の患者6人前後を対象としている。



 患者の皮膚細胞から作製したiPS細胞を、網膜の一部「網膜色素上皮細胞」に変化させ、


 シート状にして移植する。

 

 理研の倫理委は、法律の専門家や臨床医ら9人で構成し、非公開で審査。倫理的観点や科学的な



 視点から議論したとみられる。iPS細胞は、移植後のがん化が最大の課題だが、目の細胞の組織は


 癌になりにくいとされる。今回の計画は「臨床研究の初期段階」と位置づけ、安全性の確認を


 主な目的にしている。 【須田桃子】

by supersoul9201 | 2012-11-20 19:01 | 医療ニュース

糖尿病予防に効果的なのは?


 今日、糖尿病における予防効果のありそうな記事がでていました。以下に紹介します。

 いきなりスポーツクラブは続かないのが普通です。まずは家の近所の散歩やお勧めは自転車。


 これらに家の中で軽い筋力トレーニングのメニューではじめたらいかがでしょう。


 以下ニュースからの抜粋です。


 ----------------------------------------- 

 そろそろ秋の検診シーズン。残暑が遠のくとともに「脱メタボ」を目指して運動を始める人も多いだろう。

 ウオーキングに代表される有酸素運動の効用は誰しも認めるところだが、いかんせん続かないのが難点。

 インドアでできる筋力トレーニング(以下、筋トレ)のほうが続けやすいかもしれない。ただ、

 肝心の疾病予防効果については有酸素運動の「補完」程度の認識だった。

 

 ところが、先日、ハーバード公衆衛生大学院の研究者らが一般内科専門誌に報告した試験結果によると、

 スクワットなど一般的な筋トレでも「単独」で2型糖尿病の発症リスクを下げることがわかった。試験では、

 およそ3万2000人の米国男性(年齢40~75歳)を1990年から2008年にかけて追跡調査。

 糖尿病を発症した2278人について飲酒やテレビ視聴時間、糖尿病の家族歴などの影響因子を排除した


 上で、運動の効果を解析している。

 その結果、全く何の運動もしない人の糖尿病発症リスクを1とすると、1週間で合計60分未満の筋トレを

 続けている男性は発症リスクが12%低下。60~149分では25%、150分以上、つまり1日30分の


 筋トレを週の5日間以上継続している男性では、34%も糖尿病発症リスクが低下していたのだ。

 
 筋トレの糖尿病予防効果を証明してみせた初の成果であり、研究者は筋トレ効果で大口の血糖消費先で


 ある筋肉量が増え、インスリン作用が改善すると指摘している。

 

 さらに、週に150分程度の有酸素運動を組み合わせたケースを解析すると、なんと6割近く(59%)も


 発症リスクが低下。それぞれ単独でも有用性は十分だが、両者を組み合わせることで相乗効果が期待


 できるようだ。ちなみに筋トレ効果は60代までが高い。中高年ほど腹筋すべきである。


 
d0232846_18185129.jpg


 
 興味深いのは試験対象の平均体格指数(BMI)が25近辺であること。日本人基準なら「肥満」ギリギリ

 ラインなのだ。それでも筋トレ効果で糖尿病が予防できるわけ。太り気味を理由に有酸素運動に二の足

 を踏んでいる方は、まず筋トレから始めてみてはいかがだろうか。

 (取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ) YAHOOニュースより抜粋。

by supersoul9201 | 2012-09-03 18:43 | 医療ニュース

受診時定額負担に反対する署名ーありがとうございましたー

 受診されているみなさまにおきましては上記について署名をいただき

 ありがとうございました。


 おかげさまで100人を超える方から署名をいただくことができました。


 署名を集めてくれたスタッフにもこの場を借りて御礼を。


 さて、この署名運動の趣旨ですが



 日本医師会が音頭をとってはじまりました。


 この署名はこれに賛同する日本国内の医療機関で行われました。



 いまの日本は僕から言わせると国民に黙って何でもありのでたらめの政治を行っています。


 特に政府、官僚は特権をかざしてやりたい放題です。



 みんなががんばって働いて納めた血税を数十年前から自分たちの私利私欲のために

 使いたい放題使い(自民党時代から)その結果、お金がなくなってしまいました。



 だからそのつけを今回、消費税や受診時毎に100円徴収などの制度で国民に払ってください。


 簡単にいえばこういう話です。


 

 受診時に自己負担金以外に毎回100円を徴収するというこの法案

 表向きは『癌などで長期間高額医療を受けなければならない患者さんの経済的負担を減らす』

 ということですが。。。。これが本当なら文句はありません。


 しかしその財源は国民全員で公平に支払っている税金や保険料でまかなうべきです。

 それがなぜ? 外来通院をしている患者さんからだけ徴収するのでしょう。


 それは外来患者さんの通院回数抑制効果にほかなりません。
 
 高齢者は年齢を重ねるごとに病気の種類や頻度が高くなります。

 それに伴い診療所受診回数が増えます。それにより国が負担する医療費が高くなるので

 負担金を増やして受診回数を減らそうとするのが真の目的です。



 でもみなさんはそれなら『先生たちが儲かるからいいのでは?』と考えるでしょう。

 しかしそれは違います。

 私たちの懐には入らないのです。すべて国が持っていきます。


 これが通ってしまうと国はさらに100円を200円に500円にとあげていきます。



 そうするとどうなるか。

 毎日点滴が必要なかた、リハビリが必要なかたは10回、病院を訪れると1000円多く

 払わなければなりません。ものすごい負担が押し寄せてきます。





 確かに国の運営にはお金がかかるのは仕方ないと思います。


 しかしそのしわ寄せは一番の弱者である国民にかかってくるのです。



 前にお話ししたTPPの話もそうです。


 日本はアメリカに身売りを強要されたのです。間違いなくアメリカからの医療産業が

 入ってきて日本の培われてきた国民皆保険制度の維持は難しくなるでしょう。


 
d0232846_199376.jpg



 
 今は日本に住んでいる方全員が所得の高低で医療差別を受けることはありません。


 どんな人もお金持ちもそうでないかたもみんな同じ医療を受けられます。


 しかしアメリカ参入によってすさまじい医療格差がでてくるでしょう。


 はっきりいうとお金を持っていない人は治療が受けられず死んでしまう事になるのです。

 
 人間にとって最低限、大事なものは住居、食料、医療です


 これらを脅かす悪法は許すことができません。



 これからもこのような形で自分の考えを発信していきたいと思います。

by supersoul9201 | 2011-11-22 13:52 | 医療ニュース