祝! 兵庫区医師会報400号完成


 めっきり夜になるのが早くなり冷え込みがきびしくなってきました。


 みなさまいかがお過ごしですか?


 今日はうれしい出来事がありました。


 以前から医師会の仕事をしていると書いていましたが僕の仕事は広報活動です。


 地区の先生に情報を発信したり区民、市民の皆様に医師会活動を宣伝するのが仕事です。



 2年になりますが僕が一番力を入れているのが兵庫区医師会区だより


 その区だよりが今回で通算400号となりました。


 
d0232846_1812776.jpg



 いままで先人がつないできたものがこれだけ長期間続いてきたこと。


 およそ1か月に1回発刊なので40年弱続いていることになります。


 その現場、誕生に立ち会えたことをうれしく思います。


 僕のまわりにこの紙面を作成するのに協力してくれる方が数名おられます。


 その方々にも感謝したいと思います。 ありがとう。

 
d0232846_1819790.jpg



 

by supersoul9201 | 2011-10-26 18:20

冬に多い病気の防ぎ方と心構え


 最近、朝夕の温度差が激しくなってきました。

 つい最近まで暑くて大変だったのが嘘のようです。


 寒くなってくると結膜炎などの感染性疾患は少なくなり網膜疾患が増える傾向にあります。


 
 みなさん眼底出血って聞いたことがありますか?

 目の奥にある網膜という大事な部分に出血が起こる病気です。


 さまざまな種類の出血がありますが寒い時期、僕の経験上多いとおもう疾患を紹介します。



 あわせてどんな人に起こりやすいのか。予防法なども僕の経験からお話しします。



 この写真を見てください。(ご本人にブログ掲載の許可いただいております。)
 
d0232846_1746712.jpg


 網膜静脈分枝閉塞症といいます。舌を噛みそうな病名です。


 写真真ん中のやや黒くなっているところが黄班部といって物を見る時一番大事な部分です。

 写真左上赤くなっているところが破れた血管から出血が起こった場所です。

 見てみると黄班部に出血がかかっています。これにより視力障害や視野障害が起こります。

 一度起こると外科的処置をしない限り出血が引くまで経過を見なければいけません。




 この出血が起こる危険因子は


 ① コレステロールが高い人に多い動脈硬化

 ② 高血圧

 ③ 糖尿病


 となります。

 この写真の患者様は視力の低下を訴えられ来院。当院から内科を紹介させていただき

 高血圧、心臓の冠動脈(心臓を栄養する血管)が悪くなっていることがわかりました。

 放置すれば心筋梗塞で大変なことになっていたところです。

 

 上記の危険因子は成人3大病と言われています。

 問題なのは放置していても痛くも痒くもないのでみなさん軽視されがちということです。


 この患者さんの6か月後の写真です


 
d0232846_2084717.jpg


 出血は吸収されていますが血液の中の血漿が沈着し白い白斑になっています。

 これが黄班部の浮腫といって腫れている状態です。

 幸い視力の低下は小さいですが物が歪んで見える症状が残っています。


 これからレーザ治療をしていく予定です。


 これらを予防する方法ですが、日常の何気ない行動で回避できる可能性があります。


 予防策として

 ① 温度の急激な変化に気をつける。(上記リスクのある方はサウナなどは危険です)


 ② 朝、起きたてのトイレなど寒いところにいくときは注意。

 
 ③ お風呂に入るときはお湯で先に部屋を暖めておく。


 ④ 食事は動物性脂肪を少なくする。


 ⑤ マヨネーズや卵類は避けたほうがよい(1日摂取量を少なくする)


 ⑥ 適度な運動を心がける。(内科主治医に相談してください)

 


 などが挙げられます。


 一番大事なのはある程度の年齢になったら内科の主治医を持つことです。

 
 それにより定期的な血液検査で身体の状態がわかります。


 冬になるにしたがい食べ物もおいしくなってくるし運動もしなくなるという悪循環が


 起こります。


 以上を守って病気になるのを防ぎましよう。

by supersoul9201 | 2011-10-19 20:35 | 眼科医療関連

液体レンズ眼鏡

 今朝の情報番組で紹介されていました。

 僕は仕事柄、眼鏡が大好きですが、ひさしぶりに刺さりました。

 発売されたらすぐ買いにいきます。

 また病院でコンタクト装用の検査時にも使えると思うので取り入れようと思います。


 液体レンズ眼鏡 以下(fashion snap.comより写真、掲載文抜粋)


 
d0232846_10352695.jpg



 世界初となる液体レンズを取り入れた「アドレンズ p.o.v.」は、メガネフレームの

 左右にあるダイヤルをそれぞれ回すことでレンズ内のシリコンオイルの液体容量を調節し、

 わずか数分で片方ずつ度数を変化させることができる。−4.5Dの近視から+3.5Dの

 遠視・老眼まで対応しており、誰でも自分にあった度数でメガネを着用できるほか、

 他人との共有も可能。フレームカラーは、ブルーやレッド、グリーン、ダークグレー、クリアー

 の5色で、好みに応じて自由にコーディネートすることができる。レンズ部分は衝撃に強く

 耐久性に優れたポリカーボネートを使用し、フレーム部分には軽量な素材を採用。

 レンズ内の液体は、人に無害なシリコンオイルを使用するなど、安全面にも配慮している。

 アドレンズ・ジャパン株式会社では、20代から30代の男女をターゲットに

 「アドレンズ p.o.v.」を普段使いできるアイテムとして販売していく。

 新作発表会で代表取締役社長である中島義展氏は「アドレンズ p.o.v.」を、液体レンズの

 初期型であるとし「まずは液体レンズを楽しんで頂いて、使い方を理解して頂く製品。」と

 位置づけている。

 今後は度数を好きに調節する事が可能なことから、クリスマスなどのイベントを前に

 「ギフトアイテムとしてのプロモーション」も視野に入れているという。

 12ヶ月で40000本の売り上げを目標としている。

 アドレンズ社は10年以上の歳月をかけ、イギリスや日本で度数調節可能なメガネの研究・開発に

 取り組んでいた。世界で日本が初の展開となる「アドレンズ p.o.v.」と災害時や緊急時に

 おける通常のメガネのスペア用として2011年4月に発売されたレンズをスライドさせ度数を調節

 できるメガネ「adlens emergensee(アドレンズ エマージェンシー)」の2つは

 2011年のグッドデザイン賞をダブルで受賞。災害時の視力確保など、社会的な課題解決手段と

 してのデザインが、高く評価されている。

 
 私が思う優れている点

 ① コンタクトの方は眼鏡を持っていることが基本。しかしコンタクト常用のかたは

    角膜カーブが微妙に変化しその日によって度数が違う場合がある。そのときに

    この商品は絶大な力を発揮すると思う。


 ② 緊急時(災害など)威力を発揮すると思う。


 改良してほしい点

 ① レンズ度数を変えるつまみのデザインを小さくしてほしい。

 ② 丸フレームの形をなんとか今風のデザインにしてほしい。


 値段は7000円前後の予定だそうです。これはみなさん買いですよ。

by supersoul9201 | 2011-10-17 10:49

連休に高校同窓会

 
 みなさんこの連休はどうでしたか。

 わたしは高校の同窓会で岡山に行ってきました。


 今回は高校時代にお世話になった恩師全員に会うことができました。


 
d0232846_17544641.jpg



 恩師の先生方みなさん元気でよかったです。


 友人たちはまあ一番油の乗りきってる時ですかね。

 仕事それぞれがんばろうと誓い合いました。


 また2年後の再会を約束して別れました。

 幹事のoさん、Eさん本当にお疲れさまでした。


 って言ってると今度は神戸でやりましょうということに。。。。。。


 2年後は神戸で幹事がんばります。

by supersoul9201 | 2011-10-11 17:56 | 日常ブログ

Thank you Steve Jobs joining hands

  米電子機器大手アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が死去されたという

  悲しい知らせが届いた。


  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111006-00000005-inet-inet

  

  膵臓癌による闘病であったとのこと。56歳はあまりに若い。


  
d0232846_12121931.jpg

                              (wikipediaから引用)
  


  私の仕事にパソコン関連は欠かせない。


  研修医時代の学会での発表、その発表を文書化する原著など初めて接した

  パソコンがMACであった。


  医局にあったパソコンに触ることにはじめは頭痛と蕁麻疹がでるほどだった。


  全く操作がわからず理解できなかったのだ。


  その当時、本当のアナログ人間だったのだろう。


  しかし嫌々ながらもMACに教えてもらったことが今使っているwindowsに


  つながっているのだと思う。


  今、我々は手足のように扱うパソコンや携帯端末に囲まれて暮らしている。

  1日でもなければ仕事にならない。生活に支障をきたすだろう。

  
  
  テレビは全くいらないがパソコンとネット環境は絶対必要。  

  
  MAC創始者のsteve Jobs氏は僕たち世代の人々に偉大な恩恵をもたらしてくれた。


  インターネットやパソコン関連の発達はこの数世紀の中で最も大きな宝物だと思う。


  ここに感謝の念を込めて。 合掌 

  

by supersoul9201 | 2011-10-07 13:04 | 時事ニュース