大阪に大きな風穴


 前回の続きで


 ラチェット規定を説明します。これらは流行語大賞にノミネートされるかも。


 新語時事用語辞典より抜粋


 
 ラチェット規定

 特定の一方向へむけた変更のみ許容され、逆行する方向への変更は

 認められないという内容の規定。経済連携協定(EPA)などにおいては、

 自由化や解放に結びつく法改正は認められるが、規制の強化に結びつく

 改正は認められないということになる。

 2011年11月現在、TPP(環太平洋経済協定)への参加の是非を巡り議論されている中で

 ラチェット規定は「TPP亡国論」を著した中野剛志・京都大学准教授などにより広く紹介され

 注目を集めている。著書「TPP亡国論」では、米韓FTAに盛り込まれたラチェット規定を

 引き合いに出しながら、TPP参加のデメリットを説いている。


今回のTPPではアメリカとこの規定が結ばれています。

交渉テーブルに乗ったら最後。むこうの言いなりにならないといけません。

どんな悪条件でも後退はできないのです。



 そんな条件はひどすぎます。

 こんなことがわかっているのに交渉に応じてしまったわけです。


 なんたる あさはか。。。。



 しかし うれしいニュースが2つ

 
 大阪から風穴があきましたね。


 前のブログにも書きましたがやはり1人1人の力は弱くてもみんなが力を合わせれば

 大組織の組織票に勝てることが実証されました。


 僕が言っていた通りです。


 投票率さえ上がれば必ず勝てると思っていました。また当日の天気は晴れ。


 投票率60%超え


 大阪の賢明な判断をされた有権者のみなさんに敬意を表したいと思います。


 
 今回のことは良いほうにでるか悪いほうにでるかはわかりませんが

 
 とりあえず動き出しました。


 今後この動きは飛び火すると思います。


 いままで既得権益にあぐらをかいていた人たちが恐れおののく番ですね。



 もう1つはみなさんの署名が実りました。民意が反映されたのです。


 外来受診時に毎回100円を徴収する案は今回、中止の方向になりました。



 やっぱり日本はまだまだ捨てたものじゃありません。

by supersoul9201 | 2011-11-29 18:00

今の日本とTPPについて


 ここ何回かブログで難しい話を書いてしまっています。


 特にこういうところでは政治や宗教などの話には触れたくないのですが。


 あまりにひどいのでさらに深く書こうと思います。


 たかじんのマネー たかじんのそこまでいって委員会は大好きです。


 ほんとうに放送コードぎりぎりのラインで話をしていると思います。


 今日のお昼にたかじんのマネーで取り上げていたのがこのTPP


 みなさんはこのTPP参加に関してどう思いますか?



 あれからいろいろ勉強した結果、やはり僕の心配は当たっているようです。



 医療分野だけではありません。すべての分野でアメリカに乗っ取られる気がします。



 現民主党政権はわざと売国しているとしか思えません。


 中枢にいる人たちがわからないはずがありません。


 こんなことを許したら確実に日本はアメリカの属国になってしまいます。



 ただ日本にも一つ問題があります。


 日本はどんどん高齢化が進み若者が少なくなっています。


 日本人の人口は晩婚化と少子化で人口が減ってきているのです。


 これを打破し移民を受け入れるためのテコ入れにTPPが利用されているのかもしれません。



 今日は時間がなくなったのでここまで。


 最後にこのTPPで大事なキーワードを書いておきます。



 ① ラチェット規定


 ② ISD条項


 ③ Non-Violation-Complaiant



 この3つです。 次回はこの用語の説明をします。

by supersoul9201 | 2011-11-26 17:20

受診時定額負担に反対する署名ーありがとうございましたー

 受診されているみなさまにおきましては上記について署名をいただき

 ありがとうございました。


 おかげさまで100人を超える方から署名をいただくことができました。


 署名を集めてくれたスタッフにもこの場を借りて御礼を。


 さて、この署名運動の趣旨ですが



 日本医師会が音頭をとってはじまりました。


 この署名はこれに賛同する日本国内の医療機関で行われました。



 いまの日本は僕から言わせると国民に黙って何でもありのでたらめの政治を行っています。


 特に政府、官僚は特権をかざしてやりたい放題です。



 みんなががんばって働いて納めた血税を数十年前から自分たちの私利私欲のために

 使いたい放題使い(自民党時代から)その結果、お金がなくなってしまいました。



 だからそのつけを今回、消費税や受診時毎に100円徴収などの制度で国民に払ってください。


 簡単にいえばこういう話です。


 

 受診時に自己負担金以外に毎回100円を徴収するというこの法案

 表向きは『癌などで長期間高額医療を受けなければならない患者さんの経済的負担を減らす』

 ということですが。。。。これが本当なら文句はありません。


 しかしその財源は国民全員で公平に支払っている税金や保険料でまかなうべきです。

 それがなぜ? 外来通院をしている患者さんからだけ徴収するのでしょう。


 それは外来患者さんの通院回数抑制効果にほかなりません。
 
 高齢者は年齢を重ねるごとに病気の種類や頻度が高くなります。

 それに伴い診療所受診回数が増えます。それにより国が負担する医療費が高くなるので

 負担金を増やして受診回数を減らそうとするのが真の目的です。



 でもみなさんはそれなら『先生たちが儲かるからいいのでは?』と考えるでしょう。

 しかしそれは違います。

 私たちの懐には入らないのです。すべて国が持っていきます。


 これが通ってしまうと国はさらに100円を200円に500円にとあげていきます。



 そうするとどうなるか。

 毎日点滴が必要なかた、リハビリが必要なかたは10回、病院を訪れると1000円多く

 払わなければなりません。ものすごい負担が押し寄せてきます。





 確かに国の運営にはお金がかかるのは仕方ないと思います。


 しかしそのしわ寄せは一番の弱者である国民にかかってくるのです。



 前にお話ししたTPPの話もそうです。


 日本はアメリカに身売りを強要されたのです。間違いなくアメリカからの医療産業が

 入ってきて日本の培われてきた国民皆保険制度の維持は難しくなるでしょう。


 
d0232846_199376.jpg



 
 今は日本に住んでいる方全員が所得の高低で医療差別を受けることはありません。


 どんな人もお金持ちもそうでないかたもみんな同じ医療を受けられます。


 しかしアメリカ参入によってすさまじい医療格差がでてくるでしょう。


 はっきりいうとお金を持っていない人は治療が受けられず死んでしまう事になるのです。

 
 人間にとって最低限、大事なものは住居、食料、医療です


 これらを脅かす悪法は許すことができません。



 これからもこのような形で自分の考えを発信していきたいと思います。

by supersoul9201 | 2011-11-22 13:52 | 医療ニュース

大阪ダブル選挙 =選挙に行こう=

 
 今月末に大阪市長 大阪府知事のW選挙があります。

 
 中でも注目は現市長の平松さんと橋下さんの対決。


 僕は政治経済に興味があって情報は逐一仕入れることにしています。


 今回の市長選挙はもしかすると歴史に残る選挙、あそこから始まったと後世に語り継がれる


 大事なものになる気がします。


 私は神戸市民なので横から眺めるしかありません。(大阪市民の選挙権がうらやましいです)


 どちらが今後の大阪いやひいては日本国民に恩恵をもたらしてくれるのか。


 ここに告示前日に青年会議所が主催した2人の公開討論の動画のリンク先を書いておきます。



 お互いに主張が平等に語られておりかつ考えがわかる公開討論となっています。


 

 http://www.youtube.com/watch?v=U76ZTVn2HfI


 

 興味を持った方は上のアドレスをコピーペーストしてご覧になってください。


 
 
d0232846_1229859.jpg



 人間はテレビや新聞などに流されてしまいます。



 2年前に私たちが間違った選択をしたことを繰り返してほしくないという強い思い。


 
 今回の選挙は小さな発火点ですが将来大きなうねりとなります。



 大阪市民のみなさんの判断を仰ぎたいと思います。


 

 最後に一番大事なこと


 絶対に投票所に足を運びましょう。期日前投票制度もあります。


 誰に投票しようと白票であろうとかまいません。自分の意思を示せる唯一のチャンスなのです。


 選挙に行くことは日本国民としての義務でありかつ誇りなのです。

 

 
 自分の1票は小さなものかもしれません。

 しかしそれが束になると大きな力になるのです。

 10人中6人が選挙権を放棄している。こんな馬鹿げた国は他を見渡してもありません。


 自分の意思を示しましょう。

 


 

by supersoul9201 | 2011-11-15 12:40 | 時事ニュース

TPP



  今日TPPへの参加が表明されました。(協議参加は参加と同義)


  いいこと悪いこといろいろあると思いますが


  他国はすべて自国の国益になるように話をしてくるでしょう。


  ここで大事なのが日本人の民族性


  だと思います。


  日本人はyes noをはっきりしないことが多いです。俗に玉虫色というやつですか。


  いざ参加を表明したなら議論のなかで自国の国益をしっかりだして欲しいと思います。


  
d0232846_0235516.jpg



  くしくも今日は2011年11月11日

  百年に一度の1並びの日です。


  この参加表明は10年後によかったのか悪かったのか結果が出ると思います。


  参加を受け入れるしかなかったにせよ


  いい方向に向かってくれればなと考えます。


  心配が杞憂でなければいいのですが。

by supersoul9201 | 2011-11-12 00:29

11月。ゴルフコンペの季節


 11月になりました。

 去年と比べるとかなり暖かいです。

 10月と11月は医師会や眼科関連のゴルフコンペがさかんに行われます。


 1年のなかで最も良い季節だからでしょうか。

 私も楽しみと顔つなぎの意味で何個か参加しています。


 ついこの間、三木にあるマスターズゴルフクラブにおじゃましました。

 http://www.nobuta123.co.jp/masters/


 このコースは毎年、女子プロゴルフトーナメント、マスターズゴルフレディースが

 開催される場所です。


 
d0232846_122914.jpg



 優勝者も豪華な顔ぶれでクラブハウスには優勝者の写真が。

 今年もその選手権が終わってすぐのコースでのラウンドとなりました。


 プロトーナメントのコースセッティングは非常にきびしいものがあります。


 ラフの長さでボールが見えません。見つけて打っても手首を痛めてしまいます。

 グリーンはパターで打つというより触る感覚。

 触っただけで氷の上をボールが滑って行くような感じです。


 また僕たちが行く前にチャリティーであのTIGER WOODSが来ていたそうです。


 
d0232846_10571726.jpg

                          masters HPより転載


 一緒にまわってくれたキャディーさんがTWについてまわったらしくその話では

 異次元の人らしいです。

 日本のプロと比べても別世界の人とのこと。僕も見てみたかった。


 
d0232846_11152776.jpg

                          masters HPより転載

 これはTWがスティンガーショット(地を這うようなボール)を打ったところです。


 あと何個か残ってますが身体をいたわりながらがんばろうと思います。


 その前に練習が必要かー。


 
d0232846_12101182.jpg



 
 

 

by supersoul9201 | 2011-11-05 12:12 | 日常ブログ