ipsを使った新しい治験開始


 先日、ノーベル賞を受賞したIPS細胞がついに臨床試験に。


 しかも治験の1番バッターは僕の領域の眼科疾患。



 加齢性黄斑変性症(ARMD)です。


 前回にも書きましたがARMDは最近増えている疾患で僕たちも患者さんにも苦痛な病気です。


 現在のところ疾患の進行を遅らせるか現状維持が精いっぱいの疾患。


 もしこれがうまくいけばたくさんの人たちの笑顔が見られると思います。


 また治験会議は神戸で行われるとの事。


 何か感じますね。



 以下ニュースからの抜粋記事です。



 
d0232846_18471923.jpg



 <iPS細胞>目の臨床研究を承認 理研の倫理審査委

 毎日新聞 11月19日(月)19時41分配信
 

 理化学研究所(理研)の倫理審査委員会は19日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った目の


 病気治療の臨床研究について、計画は適正として承認した。21日には共同研究機関の


 先端医療センター病院(神戸市)の倫理委でも審議が予定され、承認されれば年内にも



 厚生労働省の委員会に計画が申請される。国が承認すれば、iPS細胞を使った世界初の



 臨床応用が実現する見通し。

 

 臨床研究は、理研発生・再生科学総合研究センター(同市)の高橋政代プロジェクトリーダーらが計画。


 高齢者に多い目の病気「加齢黄斑変性」のうち、網膜の裏側に余分な血管が生えて視力が落ちる


 「滲出型(しんしゅつがた)」の患者6人前後を対象としている。



 患者の皮膚細胞から作製したiPS細胞を、網膜の一部「網膜色素上皮細胞」に変化させ、


 シート状にして移植する。

 

 理研の倫理委は、法律の専門家や臨床医ら9人で構成し、非公開で審査。倫理的観点や科学的な



 視点から議論したとみられる。iPS細胞は、移植後のがん化が最大の課題だが、目の細胞の組織は


 癌になりにくいとされる。今回の計画は「臨床研究の初期段階」と位置づけ、安全性の確認を


 主な目的にしている。 【須田桃子】

by supersoul9201 | 2012-11-20 19:01 | 医療ニュース

無題


 先日、衆議院が解散しましたね。


 いいことも悪ーいこともあった3年間。


 現実的に政治と宗教の話はタブーとされていますが


 今の若い人たちにもっと政治に興味を持ってほしいですね。


 解散からにわかに政治家の方たちのテレビ露出が増え、自分のいいところをアピール


 します。いいところしか言わないですね。



 僕はいろいろな人たちが日本に住みいろんな考えがあってしかるべきだと思います。


 もっとオープンにそして自分の意見を持ったうえで話をすればいいと思います。


 12月の選挙はいい意味も悪い意味も今後の日本を占う大きな意義を持ちます。


 
d0232846_16365286.jpg



 選挙前に必ずブログに書いていますが、、、、


 自宅に自分の選挙投票用のはがきが送られてきます。


 そのはがきを無造作に捨てていませんか???


 そのはがきは日本に在住する日本国民として最も大事な権利なのです。


 必ず投票に行きましょう。


 自分の住んでいる選挙区にいろんな方たちが立候補します。


 政党で選ぶもよし、その人の政治理念をHPで確認して共鳴するもよし


 まずは行って投票することです。


 まだ選挙は始まったばかりで気が早いかもしれませんが


 期日前投票もあります。



 一度選挙に行くと帰りは清々しい気持ちになれますよ。


 
 先祖のお墓をきれいに掃除した帰り道のように。

by supersoul9201 | 2012-11-17 16:46 | 時事ニュース

友人の新築医院の見学

 今日は友人の新見先生が新築移転された新生「新見眼科」を見学してきました。


 彼とは高校からの友人で今では眼科の世界では知らない人がいないぐらいの有名人です。


 診療もさることながら彼の武器はIT関連。



 高校時代、かれこれ30年以上前になりますか。


 いまならwindows7やら8やらできあいのパソコンを量販店で買うことができますが


 その当時彼は大阪の日本橋でパソコンの部品を買ってきて自分で自作パソコンを組み立てていました。


 だから彼のあだなはマイコン。


 かなり古い人でもwindows98ぐらいからではないでしょうか?


 彼はコンピューター言語の打ち込みなどもやっていましたが当時の私にはちんぷんかんぷん。



 彼はその当時から将来はネットの世界になるんですよーと言ってました。



 まさかこんな世界に本当になるとはその当時は予想もしていませんでした。


 しかし今はどうでしょう。ネットのない世界やPCのない生活や仕事は考えられません。


 先見の明があるそんな最先端の彼が作った医院と彼のパワーを間近に見せてもらい


 感動しました。


 
 
d0232846_20193989.jpg


 外観です。内部も細かく見せてもらいましたが使っている材料1つにもこだわりが。


 



 
d0232846_2033444.jpg



 診察室です。 証券取引所と見間違うようなディスプレイの数々。


 模擬的に患者さん役をやらせてもらいモニターで説明を受けましたがこれはわかりやすいというのが感想


 今日勉強になったことは電子カルテの進歩。


 彼が慣れれば手書きより格段に早いと以前より言っていましたが納得できない自分がいました。


 しかし触らせてもらうと納得。


 カルテに書き込む絵などもタッチペンで書かせてもらうと自分がいつも書くものより綺麗だったり。


 検査データを紙で出力してカルテに貼るとどんどんカルテが分厚くなるんですが


 検査をしたと同時にデータが電子カルテに瞬時に貼り付けられる。


 検査スタッフの労力も減る。カルテが見やすくて綺麗。みんなと情報が共有できる。


 この電子カルテは設計開発段階から彼が関わってできたもの。


 これがあれば日々の診療が楽しくなると思います。  うらやましい。


 僕の診療所は海に近いところ。将来、万が一地震や津波が襲ってきたとき紙のカルテは持って


 逃げられない。でもこれがあればハードディスク1つ持って逃げられる。それがだめでもクラウド上に


 データは残る。いいシステムです。


 (僕の所もカルテは駄目ですが画像データは電子化してるので残ります。ご心配なく)

 将来はこの形が主流になるんでしょうね。


 


 
d0232846_2151319.jpg


 
 検査室です。整然と並んでいます。美しい


 しかし院内には何台のディスプレイがあるんだろう?たぶん100台以上。


 データを飛ばす有線LANや機器の配線も見事に消し去られています。


 あと音楽好きな僕がびっくりしたのが院内天井に設置したスピーカーがすべてバング&オルフェン。


 頭がクラクラしました。


 いっぱい写真を撮らせてもらいましたがあまりたくさんは載せられないので


 最後に手術室


 
 



 
d0232846_20464076.jpg



 広い空間を贅沢に使った最高の仕事場ですね。ここで手術が受けられれば幸せです。


 大病院にも負けない、個人病院として最高レベルのものでしょう。


 明日からの診療のヒントになることもいくつか発見したり教えてもらったり。


 本当に刺激的な1日でした。


 僕も将来的に電子カルテに移行するぞ。と誓いました。


 新見先生ありがとうございました。貴院の御発展を祈っております。


 (写真掲載の許可は本人から承諾していただいております。)
 


 

by supersoul9201 | 2012-11-04 21:10 | 眼科医療関連

今年も残り・・・


 急に朝晩が冷え込んできました。


 早いものでもう11月


 今年も残り2か月です。


 寒い時期は血圧が上がりやすく事故も多くなるので気をつけましょう。



 今日はお昼に人間ドッグの眼底写真読影の当番で医師会に行ってきました。



 症状のない眼底出血例が何件かありました。


 みなさん気をつけてください。

by supersoul9201 | 2012-11-02 18:47